トヨタ、スバルに追加出資=20%以上でグループ化-自動運転など技術開発強化

経済・ビジネス

トヨタ自動車とSUBARU(スバル)は27日、トヨタがスバルに追加出資する新たな資本・業務提携に合意したと発表した。トヨタはスバルへの出資比率を現在の16.83%から20%以上に引き上げ、経営への影響力がより強まる持ち分法適用会社とする。スバルのトヨタグループ化を加速させ、自動運転など次世代技術開発を強化する。

トヨタの追加出資額は約750億円。スバルは上限800億円で新たにトヨタ株を取得し、1%未満の出資比率とする。トヨタがスバルを持ち分法適用会社とすることで、同社の損益は出資比率に応じてトヨタの連結決算に反映される。これにより、スバルは実質的にトヨタグループに入ることになる。

スバルは2017年に発覚した一連の検査不正問題後、信頼回復の途上にある。電気自動車(EV)などの電動車や自動運転の開発でも出遅れており、トヨタとの関係を深め事業強化を目指す。

トヨタの豊田章男社長は27日、自動運転など「CASE(ケース)」と呼ばれる次世代技術の時代に向けた可能性を追求するとし、「両社が互いの持つ強みを持ち寄り、さらに関係を深める」とするコメントを発表。スバルの中村知美社長も「関係をステップアップさせ、CASEなどへの対応力を強める」と提携強化の目的を示した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収