インド太平洋開発で協調=中国対抗念頭に共同文書-日EU

政治・外交

【ブリュッセル時事】安倍晋三首相は27日午前(日本時間同日午後)、欧州連合(EU)本部で開かれた「欧州連結性フォーラム」に出席し、インド太平洋やアフリカでの「質の高いインフラ」整備に向け、日EUが協調して取り組んでいくことをうたった共同文書に署名した。巨大経済圏構想「一帯一路」を掲げ、巨額の資金を投じて各国の開発支援を進める中国への対抗が念頭にある。

共同文書では協調する地域として、インド太平洋などに加え、東欧、中央アジア、西バルカンを列挙。中国が被援助国を借金漬けにしていると批判されていることを踏まえ、「(被援助国の)需要を十分に考慮し、財政能力と債務持続可能性に最大限留意する」と記した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国際会議 EU インド