豚コレラ、感染9県でワクチン接種=肉・加工品の域外流通容認-防疫指針改正

政治・外交

農林水産省は27日、家畜伝染病「豚コレラ」のまん延防止に向け、現在認められていない予防的なワクチン接種を行えるようにした防疫指針の改正案を取りまとめた。使用する地域は、感染した野生イノシシが存在し、豚への感染リスクが高い岐阜など9県が対象となる見通し。ワクチンを接種した生きた豚や受精卵は域内にとどめるが、精肉や加工品の域外流通を認める。

この結果、日本は来年9月、国際ルールで定める「非清浄国」に13年ぶりに格下げされることが確実となった。アジア向けが中心の豚肉の輸出に影響が出る可能性が高い。

改正案には、野生イノシシから豚への感染リスクが高いエリアを「ワクチン接種推奨地域」とし、都道府県知事の判断で使用できると明記。養豚場で豚コレラが発生した岐阜、愛知、三重、福井、埼玉、長野6県に加え、感染した野生イノシシが見つかった石川、富山、滋賀3県が近く選定される見通し。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 農林水産政策