金品授受、原発部署の幹部中心=昨年9月に問題把握も公表せず-関電

社会

関西電力の八木誠会長ら経営幹部が、福井県高浜町の元助役(故人)から総額3億2000万円相当の金品を受け取っていた問題で、元助役が原発の担当幹部を中心に金品を提供していたことが27日、分かった。元助役は中元や歳暮、就任祝いなどさまざまな名目で金品を提供し、関電は昨年9月に社内調査でこうした事実を把握していたが、公表していなかった。

関係者によると、金品を提供していたのは高浜町の森山栄治元助役(今年3月に死亡)で、関電の原発関連工事を請け負う同町の建設会社から工事受注の手数料として約3億円を受領。森山氏は2017年までの7年間、関電幹部に金品を提供していたとされる。

金品は八木会長や岩根茂樹社長のほか、原子力事業本部長などを歴任した豊松秀己元副社長ら原子力部門の幹部らを中心に提供されたという。

岩根社長は27日の記者会見で、「原子力事業本部の者も返そうとしていた」と述べ、原発担当幹部が受け取っていたことを明かした。金品の授受は「中元、歳暮、就任祝いなどさまざまな名目」とした上で、「(元助役との)関係が悪化した場合、原子力の事業運営に悪影響が出るのではないかと思い、返すことに少し逡巡(しゅんじゅん)した」と述べた。

社内調査は、外部の弁護士も加わり、昨年7月に開始。同9月に結果がまとまったが、関電は公表していなかった。岩根社長は公表を見送った理由について、「(金品授受は)不適切だが、違法とまではいかないと判断した」などと釈明した。

記者会見で頭を下げる関西電力の岩根茂樹社長(左)=27日午後、大阪市北区記者会見で頭を下げる関西電力の岩根茂樹社長(左)=27日午後、大阪市北区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般 北陸