セブンペイ残高保有、依然40万人=30日でサービス終了

経済・ビジネス

第三者による不正利用が相次いだコンビニエンスストア「セブン-イレブン」のスマートフォン決済サービス「セブンペイ」が30日、終了した。最大約150万人だった登録者のうち、依然約40万人に未使用残高が残っているとみられ、10月1日から2020年1月10日まで残高の払い戻しを受け付ける。

払い戻しを受ける場合、残高保有者はセブン-イレブンのアプリなどで、名前やメールアドレスを入力し、金額を確認。銀行口座への振り込みや郵便局での受け取りを選択できる。

セブンペイは、7月1日にサービスを開始。その直後から本人になりすました第三者による不正利用が相次ぎ、わずか3カ月で廃止。7月末時点での被害者数は808人、総額3861万円が確認されている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 新サービス 消費者対策