KDDIもファーウェイ排除=日本5G、ノキアなど選定

経済・ビジネス 政治・外交

【ロンドン時事】KDDIは来年3月にも商用サービスを開始する次世代通信規格「5G」の通信機器供給業者に、フィンランドのノキアとスウェーデンのエリクソンを選んだ。ノキアとエリクソンが30日それぞれ発表した。米中のハイテク覇権をめぐる争いが激化する中、中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)を排除した。

通信業界の専門メディアによると、KDDIはこれら北欧2社に加え、韓国のサムスン電子も機器供給業者に選んだという。

5Gをめぐっては、ソフトバンクがノキアとエリクソンを選定。NTTドコモもノキアと実証実験を進めており、ファーウェイを除外する方向だ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 受注 電気通信政策 通商政策 中国 韓国 スウェーデン