神戸鋼、9月中間に特損108億円計上へ=保有株値下がりで

経済・ビジネス

神戸製鋼所は1日、保有している上場株式が大きく値下がりしたため、減損処理による評価損が108億円発生すると発表した。2019年9月中間連結決算に特別損失として計上する。同社は、評価損を計上する上場株式の銘柄を明らかにしていない。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想