関電は経営陣刷新を=「他の株主と連携も」-大阪市長

政治・外交 経済・ビジネス

松井一郎大阪市長は1日、関西電力幹部らが福井県高浜町の元助役(故人)から多額の金品を受け取っていた問題に関し、同社の筆頭株主として経営陣や役員の刷新を求めていく考えを示した。市役所で記者団の質問に答えた。

松井氏は「バックマージンと疑われるようなプレゼントを受けた方々が、会社の信頼を回復できるとは思えない」と強調。「信頼を取り戻すためには代わってもらうのは当然だ」と述べた。

松井氏は2日に予定される関電の記者会見を見極めた上で、現経営陣が退陣しなければ「(臨時株主総会などで)他の株主とも連携しながら関電の体質を改めていきたい」と語った。

記者団の質問に答える松井一郎大阪市長=1日午後、同市役所記者団の質問に答える松井一郎大阪市長=1日午後、同市役所

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) 経営一般 北陸 大阪市