ディズニー入園者、過去最高=10連休効果で1573万人-上半期

経済・ビジネス

オリエンタルランドは1日、2019年度上半期(4~9月)の東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの入園者数の合計が前年同期比1.4%増の1573万5000人と過去最高を更新したと発表した。10連休となったゴールデンウイークや新アトラクション導入の効果が表れた。

飛行機を模した乗り物に腰掛け、空を飛んでいるような気分が味わえる屋内アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」が好調に推移しているほか、キリスト教の祭日であるイースター(復活祭)にちなんだパレードやショーが人気を博した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など