ウーバー配達員、労組結成=事故時の補償拡充要求

政治・外交 経済・ビジネス

米配車大手ウーバー・テクノロジーズの飲食宅配代行サービス「ウーバーイーツ」の配達員が3日、17人で労働組合を結成した。配達員は同社の従業員ではなく、「個人事業主」として働いており、労災や雇用保険が適用されない。同社は配達中の事故でけがをした場合などに補償する制度を今月導入したが、配達員は不十分だとして、労組を通じ会社側に補償額拡充など待遇の改善を求める構えだ。

ウーバーイーツは、消費者がスマートフォンの専用アプリで食べ物を注文すると、自転車やバイクに乗った配達員が飲食店の料理を受け取り、客に届けるサービス。好きな時間に働くことができ、配達員は全国で1万人を超えるという。

ウーバーイーツ配達員による労働組合結成を受け、記者会見した前葉富雄執行委員長(左から2人目)ら=3日午後、東京都渋谷区ウーバーイーツ配達員による労働組合結成を受け、記者会見した前葉富雄執行委員長(左から2人目)ら=3日午後、東京都渋谷区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 労働・雇用行政 経営一般