海自、ラバウルに初寄港=太平洋戦争の激戦地-練習航海で、現地歓迎

社会

太平洋戦争の激戦地、パプアニューギニアのラバウルに、海上自衛隊の艦船が9月、初めて寄港した。入港したのは遠洋練習航海中の2隻で、乗員らは現地の人と交流するとともに、歴史を学んだ。

かつてオーストラリアの統治下にあったラバウルは、太平洋戦争中に日本が占領し、航空部隊の基地を置いた要衝だった。多くのパイロットが犠牲となり、「搭乗員の墓場」とも呼ばれた。

海自によると、練習艦「かしま」と護衛艦「いなづま」が9月27~29日にラバウルへ寄港。乗員は幹部候補生課程を卒業したばかりの初級幹部約190人を含む約580人で、艦上レセプションや市民約1000人の乗艦などを通じて交流したり、戦没者の慰霊碑に献花したりした。ラバウルでは旧日本軍が教えたソフトボールが盛んで、地元チームと海自の交流戦も行われた。

大学講師として20年以上同国で生活するパプアニューギニア天然資源環境大の講師、原田武彦さん(46)は、現地の人たちと共に海自を歓迎した。原田さんによると、ラバウルでは今でも日本から伝わったくわで畑が耕されており、旧日本軍が現地の人を比較的丁寧に扱ったことなどから、親日感情は根強いという。

原田さんは「皆が待ち望んでいたところ、戦後70年以上たってようやく来てくれた。これをきっかけに日本とラバウルの交流が進んでほしい」と願った。

海上自衛隊の初めての寄港を歓迎するラバウル市民ら=9月27日、パプアニューギニア・ラバウル(原田武彦さん提供)海上自衛隊の初めての寄港を歓迎するラバウル市民ら=9月27日、パプアニューギニア・ラバウル(原田武彦さん提供)

現地交流でソフトボールをした海上自衛官とラバウル市民=9月28日、パプアニューギニア・ラバウル(原田武彦さん提供)現地交流でソフトボールをした海上自衛官とラバウル市民=9月28日、パプアニューギニア・ラバウル(原田武彦さん提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 軍・自衛隊(社会面)