北方領土で観光ツアー=日本人向け、来週から8日間-日ロ共同経済活動

政治・外交

日ロ両政府が北方四島での共同経済活動の一環として、試験的に実施する日本人向け観光ツアーの日程案が分かった。ツアーは9日から7泊8日で行われ、国後、択捉両島には11~16日まで訪問する。6月の安倍晋三首相とプーチン大統領の日ロ首脳会談で実施を確認し、調整を進めていた。政府関係者が5日、明らかにした。

外務省によると、参加者は元島民やその家族による墓参や自由訪問と異なり、「観光目的」でロシアの査証(ビザ)を持たずに北方領土を訪れる初めての日本国民になるという。

外務省や観光庁、北海道の職員や医師、通訳なども含め約50人が参加する。主催は東京都の旅行会社で、料金は1人当たり約34万円となる。一般の募集はしていない。

9~10日まで屈斜路湖(弟子屈町)や納沙布岬(根室市)など北海道東部の観光名所を周遊。11日に根室港から国後島に向けて船で出発し、13日まで同島、14、15両日は択捉島に滞在する。両島では火山や温泉、ロシア正教会の教会などを観光する。帰路に国後島に再び立ち寄り、16日に帰京する予定だ。

日ロ両政府は来春以降に本格的な観光ツアーの実現を目指している。ただ、その前提となる、お互いの法的立場を害さない「特別な制度」の構築は依然として調整が難航しており、本格実施にこぎ着けられるかは不透明だ。

国後島の海岸=2016年9月(SPUTNIK時事)国後島の海岸=2016年9月(SPUTNIK時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 行政一般(政治欄向け) ロシア