オンワード、韓国撤退へ=日韓関係悪化で不振

経済・ビジネス

アパレル大手のオンワードホールディングス(HD)は7日の決算説明会で、韓国から撤退すると発表した。同国での事業はゴルフウエア販売が中心。日韓関係の悪化による反日感情の高まりなどで、売り上げが落ち込んでいた。

ゴルフウエアブランド「23区ゴルフ」の店舗を2020年2月までに閉鎖し、現地法人を清算する。

オンワードHDは4日、大規模な事業構造改革の一環として、600店規模とみられる国内外の不採算店舗の閉鎖を発表していた。7日の説明会では、ショッピングセンター向けブランド「フィールドドリーム」(国内15店)や、セレクトショップ「オープニングセレモニー」(同1店)などの事業から撤退する方針も明らかにした。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国際業務 販売・価格改定・販促・見本市など 韓国