サッポロ、ビールの賞味期限延長=12カ月に、食品ロス対策

経済・ビジネス

サッポロビールは8日、ビール類の賞味期限について、9カ月を12カ月に延長すると発表した。2020年3月製造分から順次実施する。食品ロス削減などが目的だ。

併せて製造時期についても、年に加え各月の「上・中・下旬」としていた表示を、年月のみに変更。大まかな記載に変えることで無駄な破棄を減らすのが狙い。

対象は主力の「サッポロ生ビール黒ラベル」を含むビールや発泡酒、第三のビールの21ブランド。ノンアルコールビールは既に賞味期限は12カ月で、製造時期の表示を年月とする。原料や製造方法などの改善を重ねてきており、より長い賞味期限の保証ができると判断した。

来年3月以降、賞味期限を12カ月に延長するサッポロビールの商品パッケージ(左)。右は現行品=8日、東京都千代田区来年3月以降、賞味期限を12カ月に延長するサッポロビールの商品パッケージ(左)。右は現行品=8日、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 情報開示 環境・リサイクル 販売・価格改定・販促・見本市など