自動運転車開発で企業連合=トヨタ、米GMなど8社

経済・ビジネス

【ニューヨーク時事】トヨタ自動車や米ゼネラル・モーターズ(GM)、ソフトバンクグループ傘下の英半導体設計大手アームなど日米欧の8社は8日、自動運転車のコンピューターシステムの開発などに取り組む企業連合を設立したと発表した。各社の専門知識や技術を持ち寄り、自動運転車の実用化を加速させる狙い。

設立したのは「自動運転車コンピューティング・コンソーシアム(AVCC)」。自動車部品大手のデンソーや独ボッシュ、独コンチネンタル、半導体大手の米エヌビディア、オランダのNXPセミコンダクターズも名を連ねた。

AVCCは、自動運転車のシステムの基本設計を定め、各社がハードやソフトを開発しやすい環境を整える。手始めに車両サイズや消費電力、安全基準などの統一化を目指す。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 新会社 オランダ 米国