9月ビール販売、4社が二桁増=駆け込みにラグビー特需

経済・ビジネス

ビール大手4社が10日発表した9月のビール類(ビール、発泡酒、第三のビール合計)の販売数量は、全社とも前年同月比で1割を超える大幅増となった。消費税増税前の駆け込み需要に加え、観戦時に外国人が大量に飲むことで知られるラグビーワールドカップ(W杯)の日本大会開幕が追い風となった。

全社プラスは2017年5月以来、2年4カ月ぶり。増加幅はキリンビールが24%とトップ。第三のビール「本麒麟(ほんきりん)」が好調だったほか、W杯スポンサーのオランダ・ハイネケンのビールを国内で製造していることも寄与した。他の3社はサッポロビールが17%、サントリービールが16%、アサヒビールが11%。

ラグビーW杯会場でビールを購入する外国人の観客=9月29日、東京スタジアムラグビーW杯会場でビールを購入する外国人の観客=9月29日、東京スタジアム

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 統計 オランダ