国内外の景気動向を点検=安倍首相「時宜を逸せず対応」-諮問会議

政治・外交 暮らし

政府は10日、経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)を開き、1日の消費税増税後の国内外の景気動向を点検した。消費税率10%への引き上げを踏まえ、景気変調の兆しがあれば、政府は経済対策の策定などの対応を迅速に進めることを確認した。

安倍首相は会議で「マクロ経済の実態をよく踏まえながら、時宜を逸することなく対応することが肝要だ」と述べ、海外経済の下振れリスクや、消費税増税後の需要減への目配りを要請。「下振れリスクが顕在化する場合にはちゅうちょすることなく、機動的かつ万全の対策を講じ、経済の成長軌道を確かなものとする」と強調した。

経済財政諮問会議で発言する安倍晋三首相(左から2人目)=10日午後、首相官邸経済財政諮問会議で発言する安倍晋三首相(左から2人目)=10日午後、首相官邸

経済財政諮問会議で発言する安倍晋三首相(左から2人目)=10日午後、首相官邸経済財政諮問会議で発言する安倍晋三首相(左から2人目)=10日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース マクロ経済政策 税制 暮らし