頑張れ日本!田んぼからエール=選手表情生き生きと-ラグビーW杯

スポーツ 社会

ラグビーワールドカップ(W杯)で快進撃を続ける日本代表を応援する田んぼアートが人気だ。稲穂の中に浮かび上がる選手やラグビーボールの巨大なイラスト。担当者は「選手らに思いが届いてほしい」とエールを送る。

埼玉県行田市の田んぼでは「がんばれ日本代表」の文字と共にリーチマイケル主将ら3選手の顔が描かれている。

横約160m、縦175mの広さに6月、幼稚園児ら約1000人が県のブランド米「彩のかがやき」など4品種を植えた。全体を見渡せる高さ50mの展望台には、既に8万人以上が観覧に訪れる人気ぶり。群馬県太田市から夫と訪れた女性(59)は「すごいなと感心した。ここまできたら優勝、頑張ってほしい」と話した。

W杯会場の一つ、大阪府東大阪市の花園ラグビー場の近くの田んぼでは、緑、紫、黒の3種類のもち米を使ったラグビーボールのイラストなどが浮かぶ。

W杯に向けて昨年、2種類のもち米で練習。今年6月に地元の高校生や大学生らが本格的に田植えをした。約1000平方メートルの田んぼを小さな升目に区切り、約60人が参加したという。地元農協の担当者は「試合中継の空撮で映ればいいと考えた」と話し、大会の盛り上がりに期待を寄せた。

ラグビー日本代表を応援する田んぼアート=1日午後、埼玉県行田市ラグビー日本代表を応援する田んぼアート=1日午後、埼玉県行田市

花園ラグビー場近くの田んぼアート=9月10日(大阪府東大阪市提供)花園ラグビー場近くの田んぼアート=9月10日(大阪府東大阪市提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ ラグビー 社会一般 埼玉県