和田誠さん死去=83歳、イラストレーター

社会 文化

「週刊文春」の表紙絵などで知られるイラストレーターの和田誠(わだ・まこと)さんが7日、肺炎のため東京都内の病院で死去した。83歳だった。大阪市出身。葬儀は近親者のみで済ませた。後日、お別れの会を開く予定。妻は料理愛好家の平野レミさん。

多摩美術大図案科卒業後、広告プロダクションに入社。「ハイライト」のパッケージデザインなどを手掛けて注目を集めた。1968年に独立し、雑誌「週刊サンケイ」の似顔絵などで69年、文芸春秋漫画賞を受賞。

77年から「週刊文春」の表紙イラストとデザインを担当。劇作家の寺山修司や作家の星新一、村上春樹らとも親交を重ね、舞台のポスターや雑誌、書籍のイラストなどを多数制作した。

文才を発揮し、82年に著書「ビギン・ザ・ビギン」で日本ノンフィクション大賞、93年には「銀座界隈ドキドキの日々」で講談社エッセイ賞を受賞した。

映画好きでも知られ、84年に初監督の映画「麻雀放浪記」で報知映画賞新人賞、88年に映画「怪盗ルビイ」でブルーリボン賞監督賞を受賞。94年には美術や文筆、映画などでの幅広い業績が評価され、菊池寛賞を受賞した。

和田誠さん和田誠さん

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 文化 芸能 訃報