相次ぐ営業・操業中止=台風19号、企業活動に影響

経済・ビジネス 社会

大型で非常に強い台風19号の接近に伴い、企業活動に影響が広がりそうだ。大手スーパーの店舗や自動車メーカーの工場などで、営業・操業を中止したり短縮したりする動きが相次いでいる。

イトーヨーカ堂は12日、1都7県の全124店舗で臨時休業。顧客や従業員の安全を考慮したもので、事前にこうした休業を決めるのは初めてという。休業するのは東京のほか、茨城、埼玉、千葉、神奈川、岐阜、静岡、愛知の各店舗。

三菱ふそうトラック・バスは、トラックを製造する川崎製作所(川崎市)などで12日午前8時から13日午前5時まで操業を休止。SUBARU(スバル)も群馬製作所(群馬県太田市)について12日の操業時間を短縮する。

日本製鉄の君津製鉄所(千葉県君津市)は、台風の暴風域に入ることが確実になった段階で、高炉などほぼ全ての設備を一時停止。ソニーは12、13両日に都内で予定していたミラーレスカメラの体験イベントの中止を決めた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 気象 神奈川県 川崎市