日韓、2国間協議で平行線=半導体材料の輸出管理で-WTO

政治・外交

【ジュネーブ時事】日本政府による半導体材料の輸出管理強化をめぐり、韓国が日本に要請した世界貿易機関(WTO)協定に基づく2国間協議が11日、スイス・ジュネーブのWTO本部で開かれた。日韓両国はそれぞれが従来の主張を繰り返し、協議は平行線のまま終わった。ただ、協議を継続することでは一致した。

韓国は日本の輸出管理強化が元徴用工問題などを背景とした「政治的な動機に基づいたものだ」と主張し、WTOに提訴。日本は「輸出管理の見直しはWTO協定と整合的だ」と反論した。

2国間協議は休憩を挟んで約6時間に及んだ。日本からは経済産業省の黒田淳一郎・通商機構部長ら、韓国からは産業通商資源省の丁海官・新通商秩序協力官らが出席。次回の協議は11月上旬までに行われる見通しだ。

世界貿易機関(WTO)本部で開かれた日韓2国間協議の終了後、取材に応じる経済産業省の黒田淳一郎・通商機構部長(左)=11日、スイス・ジュネーブ世界貿易機関(WTO)本部で開かれた日韓2国間協議の終了後、取材に応じる経済産業省の黒田淳一郎・通商機構部長(左)=11日、スイス・ジュネーブ

世界貿易機関(WTO)本部で開かれた日韓2国間協議の終了後、取材に応じる韓国産業通商資源省の丁海官・新通商秩序協力官=11日、スイス・ジュネーブ世界貿易機関(WTO)本部で開かれた日韓2国間協議の終了後、取材に応じる韓国産業通商資源省の丁海官・新通商秩序協力官=11日、スイス・ジュネーブ

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 通商政策 韓国