日本、初の8強入り=スコットランドに勝つ-ラグビーW杯

スポーツ

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で、1次リーグA組の日本は横浜国際総合競技場でスコットランドに28-21で勝ち、4戦全勝の勝ち点19としてA組1位となり、初のベスト8進出を果たした。準々決勝(20日、東京スタジアム)でB組2位の南アフリカと対戦する。スコットランドは勝ち点11の3位で敗退した。

日本は1987年の第1回大会から9大会連続で出場。91年のジンバブエ戦で初白星を挙げて以降、95年にニュージーランド(NZ)に145失点するなど惨敗が続いた。

2015年の前回大会では優勝候補の南アから大金星を挙げるなど3勝1敗と躍進。それでも勝ち点の差で8強入りはできなかった。16年秋に就任したNZ出身のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(49)はベスト8進出を目標に掲げて強化。自国開催の今大会は優勝候補のアイルランドを破るなど、快進撃を続けた。

スコットランドに勝利してベスト8進出を決め、喜ぶ日本の選手=13日、横浜国際総合競技場スコットランドに勝利してベスト8進出を決め、喜ぶ日本の選手=13日、横浜国際総合競技場

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ ラグビー