安倍首相、台風19号被害「補正検討も」=政府が対策本部会合

政治・外交 社会 暮らし

政府は15日午前、台風19号に関する非常災害対策本部の会合を首相官邸で開いた。安倍晋三首相は被災地の復旧・復興に向け、「必要があれば補正予算も含め、しっかり財政措置を講じていく」と表明した。

首相は当面、2019年度予算の予備費を活用する方針を強調。被災自治体への普通交付税の繰り上げ交付を速やかに実施するよう指示した。

これに関し、麻生太郎財務相も閣議後の記者会見で、被害状況を見極めた上で「さらに(支援が)必要なら、補正(予算)を組むなどいろいろ考えないといけない」と語った。

対策本部ではまた、被災自治体の避難所運営などを支援するため、5県9市町村に応援職員を派遣することを決定。首相は「今後も必要に応じて態勢を強化していく」と強調した。

一方、河野太郎防衛相は会見で、被災者への給水・入浴支援などを行うため、即応予備自衛官と予備自衛官の招集を発表した。当面は約200人、最終的に約1000人が作業に当たる。

台風19号非常災害対策本部会議で発言する安倍晋三首相(右から2人目)=15日午前、首相官邸台風19号非常災害対策本部会議で発言する安倍晋三首相(右から2人目)=15日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 災害 暮らし 防災政策・災害対策