台風19号、予備費7億円を支出=安倍首相、物資輸送を強化-参院予算委

政治・外交 暮らし

安倍晋三首相は16日の参院予算委員会で、台風19号の被害を受け、自治体の要請を待たずに物資を送る「プッシュ型支援」を強化するため、2019年度予算の予備費から7億1000万円を支出する方針を明らかにした。今回の台風被害に伴う予備費支出は初めて。

国民民主党の増子輝彦幹事長代行は、早期の激甚災害指定を要請。首相は「私が『激甚災害に指定する方向』と言っているから、安心して全力を尽くしてほしい」と応じた。

赤羽一嘉国土交通相は、河川の水位情報などを伝える国交省のウェブサイト「川の防災情報」が、台風接近時にアクセス集中で接続しにくい状況が生じたと説明、陳謝した。日本維新の会の片山大介氏への答弁。

参院予算委員会で台風19号の政府対応を説明する安倍晋三首相(中央)=16日午前、国会内参院予算委員会で台風19号の政府対応を説明する安倍晋三首相(中央)=16日午前、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国会 防災政策・災害対策 暮らし