農作物、じわり値上がり=産地被災で品薄-台風19号

経済・ビジネス

東日本に記録的な大雨をもたらした台風19号は、農作物にも被害を及ぼした。畑やビニールハウスといった農業関連施設が河川の氾濫により浸水。供給不足が見込まれるキャベツなど一部の野菜は既に値上がりしている。今後、被害の全容が明らかになるにつれ、他の作物も高騰する可能性がありそうだ。

15日の東京都中央卸売市場の価格(1キロ当たり)は、台風が上陸した12日に比べ、キャベツが約14%高い91円、レタスが約8%上昇の128円。農林水産省は「台風の影響を織り込んで価格が上がっている」(園芸作物課)と分析する。

鍋物シーズンで需要が増えるキノコの被害も甚大。千曲川の堤防の決壊により、キノコ生産大手ホクト(長野市)の生産施設「赤沼きのこセンター」が水浸しになった。同社によると、センターで管理していたエリンギ100~200トンは廃棄せざるを得ない状況だ。生産設備が破損したとみられ、復旧のめどは立っていない。

イチゴ栽培が盛んな栃木県佐野市では、秋山川が氾濫し、ビニールハウスに土砂が流入。佐野農業協同組合(JA佐野)は被害状況の調査を進めているが、収穫はこれから本格化するはずだったこともあり、被害は「多額になる可能性がある」(総務課)という。

野菜の出荷も一部で滞っている。食品スーパー「アキダイ」(東京都練馬区)では、キノコやナスなどが品薄の状態。秋葉弘道社長は「多くの野菜が1~2週間後に値上がりする」と予想している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 消費・販売(小売売上・個人消費等) 流通・物価(CPIなど物価指数) 販売・価格改定・販促・見本市など 生産