安倍首相が福島県入り=台風19号の被災地視察

政治・外交

安倍晋三首相は17日午前、東日本を縦断した台風19号の被災状況を把握するため、多くの死者を出した福島県を訪問した。首相は記録的大雨で冠水した郡山市の中央工業団地を視察。同市内の避難所を慰問した後、氾濫した阿武隈川流域の本宮市の浸水現場や避難所を訪れた。

首相は同日午後に福島県庁を訪れた後、堤防決壊などで大きな被害が出た宮城県丸森町を視察。被災者から生活再建に向けた要望を聞き取る。

台風19号で被災した郡山中央工業団地を視察する安倍晋三首相(左から2人目)=17日午前、福島県郡山市台風19号で被災した郡山中央工業団地を視察する安倍晋三首相(左から2人目)=17日午前、福島県郡山市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 東北 宮城県 福島県