カジノ誘致に反対58%=時事世論調査

政治・外交

時事通信の10月の世論調査で、カジノを含む統合型リゾート(IR)の国内誘致について聞いたところ、「反対」が57.9%で、「賛成」の26.6%を大きく上回った。IRをめぐっては周辺の治安悪化などを懸念する声があり、慎重な意見が根強いことが浮き彫りとなった形だ。

「賛成」と回答した人に対し、住んでいる市町村や生活圏内にIRができることへの賛否を尋ねると、「賛成」62.8%、「反対」29.0%となった。

政府は全国最大3カ所でIR整備を認める方針。観光庁が行った意向調査では、北海道、千葉市、東京都、横浜市、名古屋市、大阪府・市、和歌山県、長崎県の8地域が誘致を「予定・検討している」と回答した。

調査は11~14日に全国の18歳以上の男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は62.2%。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 産業政策 観光 観光政策 日本 千葉市 神奈川県 横浜市 東海 名古屋市