生活・産業再建、対策策定へ=安倍首相指示、台風被害の長野視察

政治・外交 社会 暮らし

政府は20日、甚大な被害を出した台風19号に関する非常災害対策本部の第10回会議を首相官邸で開いた。安倍晋三首相は被災地の住民生活と地域産業を再建するため、「対策パッケージ」を早急に取りまとめるよう指示した。今年度予算に5000億円計上した予備費などを活用する。

これに先立ち、首相は自衛隊ヘリで長野市に入り、千曲川の堤防決壊の現場を視察。市内の避難所も訪れ、被災者から要望を聞いた。入浴の支援に当たっていた自衛隊員には「みんな入浴を楽しみにしている」と声をかけた。

台風19号による千曲川の堤防決壊現場を視察する安倍晋三首相(右)。左は武田良太防災担当相=20日午前、長野市穂保地区(代表撮影)台風19号による千曲川の堤防決壊現場を視察する安倍晋三首相(右)。左は武田良太防災担当相=20日午前、長野市穂保地区(代表撮影)

台風19号の被害を受け、長野県の阿部守一知事(左から2人目)から要望書を受け取る安倍晋三首相(右端)=20日午後、長野県庁(代表撮影)台風19号の被害を受け、長野県の阿部守一知事(左から2人目)から要望書を受け取る安倍晋三首相(右端)=20日午後、長野県庁(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 災害 暮らし 防災政策・災害対策 日本 甲信越 長野県