日本、4強ならず=南アに3-26-ラグビーW杯

スポーツ

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で20日、日本は東京都調布市の東京スタジアムで行われた準々決勝で2度の優勝を誇る南アフリカに3-26で敗れ、初のベスト4進出はならなかった。前半は粘り強く戦い、3-5で折り返したが、後半の終盤に2トライを許すなどして力尽きた。

日本は1次リーグA組で強豪のアイルランド、スコットランドを破って4連勝。同組1位で通過し、初の8強入りを果たしていた。

日本は1987年の第1回大会から9大会連続で出場。91年のジンバブエ戦で初白星を挙げて以降は勝利から遠ざかった。2015年の前回イングランド大会で南アを破り、24年ぶりの白星を挙げて3勝1敗と躍進。しかし、勝ち点の差で8強入りは逃した。

試合後、健闘をたたえ合う(左から)リーチ、南アフリカのコリシ、松島ら=20日、東京スタジアム試合後、健闘をたたえ合う(左から)リーチ、南アフリカのコリシ、松島ら=20日、東京スタジアム

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ ラグビー アイルランド 日本