セブン、24時間営業転換=深夜休業を容認-人手不足受け第1弾8店で

経済・ビジネス

セブン-イレブン・ジャパンは21日、全国で2万を超える加盟店を対象に深夜休業を容認し、従来の24時間営業を転換すると発表した。希望する場合の移行手順などを「ガイドライン(指針)」で明確化した。これまで24時間営業をてこに急拡大を続けてきたコンビニ業界は大きな岐路を迎えたと言えそうだ。

今年2月、大阪府の加盟店が人手不足を理由に24時間営業を中止して本部との対立が表面化。社会問題への発展を受け、営業時間短縮をめぐり加盟店との対話を重ねた結果、24時間営業としてきた従来方針について事実上の転換を迫られた形だ。セブンの方針転換を受け、他のコンビニに深夜休業など時短営業が広がる可能性もある。

新指針策定を踏まえ、現在、時短営業を実験中の200店超のうち、まず8店で11月1日から最長で午後11時~午前7時の休業を認める。従来は24時間営業の「例外」として実験的に時短を認めてきたが、今後は深夜休業を選択しやすいよう、従業員への対応方法に加え、最長半年間の実験が可能な移行スケジュールなどを明文化。本部に毎月支払う「ロイヤルティー(経営指導料)」の減額を含む契約の一部変更内容も示した。

「深夜休業ガイドライン(指針)」を発表するセブン―イレブン・ジャパンの永松文彦社長=21日午後、東京都千代田区「深夜休業ガイドライン(指針)」を発表するセブン―イレブン・ジャパンの永松文彦社長=21日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 雇用・賃金・福利厚生 経営一般 販売・価格改定・販促・見本市など 日本