最新EVで近未来体感=東京モーターショー報道公開

経済・ビジネス 技術 旅と暮らし

2年に1度開かれる国内最大の自動車見本市「東京モーターショー」が23日、東京ビッグサイト(東京都江東区)などで報道関係者に事前公開された。各メーカーは、環境規制の強化で世界的に開発競争が激化している電気自動車(EV)の試作車などを相次いで出展。来場者に近未来の車社会を体感してもらう考えだ。一般公開は25日~11月4日。

日産自動車は、EV試作車として軽自動車サイズの「ニッサン IMk」と、スポーツ用多目的車(SUV)の「ニッサン アリア コンセプト」を初公開した。中畔邦雄副社長は「地球温暖化への対応は自動車メーカーの責務だ」と述べ、走行中に排ガスを出さないEVの重要性を強調した。

ホンダは2020年の国内販売を予定する小型EV「ホンダe」を展示。八郷隆弘社長は「10年先のクルマの姿を具現化した」と説明した。マツダも初の量産EVを披露。トヨタ自動車は、20年冬ごろに発売する2人乗りの超小型タイプや、自動運転技術を搭載した試作車「LQ」などのEVを出展する。

公開された軽自動車サイズの電気自動車「ニッサン IMk」=23日午前、東京都江東区の東京ビッグサイト公開された軽自動車サイズの電気自動車「ニッサン IMk」=23日午前、東京都江東区の東京ビッグサイト

日産の電気自動車のスポーツ用多目的車「ニッサン アリア コンセプト」=23日午前、東京都江東区の東京ビッグサイト日産の電気自動車のスポーツ用多目的車「ニッサン アリア コンセプト」=23日午前、東京都江東区の東京ビッグサイト

新型フィットと写真に納まるホンダの八郷隆弘社長=23日午前、東京都江東区の東京ビッグサイト新型フィットと写真に納まるホンダの八郷隆弘社長=23日午前、東京都江東区の東京ビッグサイト

ホンダの小型EV「ホンダe」を発表する八郷隆弘社長=23日午前、東京都江東区の東京ビッグサイトホンダの小型EV「ホンダe」を発表する八郷隆弘社長=23日午前、東京都江東区の東京ビッグサイト

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 自動車 電気自動車 東京モーターショー