米ウィー社に1兆円支援=再建へ会長派遣-ソフトバンクG

経済・ビジネス

ソフトバンクグループは23日、共用オフィス「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーに総額95億ドル(約1兆円)の金融支援を実施すると発表した。ソフトバンクGは50億ドルの融資や社債引き受けに加え、最大30億ドル分の公開買い付け(TOB)を実施し、株式の過半数を取得。会長も派遣する。傘下の投資ファンドの出資先を本体が全面支援する異例の対応を迫られた形で、ソフトバンクGが進めてきた新興企業への投資戦略は曲がり角に直面したと言えそうだ。

ソフトバンクGによると、既に決定している15億ドルの出資も前倒しする。持ち株比率は8割に達する。ただ、議決権ベースでは過半に達せず、連結子会社化はしない。ウィー創業者のアダム・ニューマン会長は退任し、後任にはソフトバンクGのマルセロ・クラウレ副社長が就く。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 日本 米国