渋谷で高層複合ビル、来月開業=47階建て「若者の街」に新名所

経済・ビジネス 旅と暮らし

東京・渋谷で最も高い複合ビルとなる「渋谷スクランブルスクエア東棟」(地上47階、地下7階)が24日、報道陣に公開された。来月1日開業予定で、地上約230メートルの最上階からは遠く離れた富士山も見渡すことができ、「若者の街」の新名所として話題を集めそうだ。

渋谷駅の真上に立地し、東急などが開発した。地下2階~地上14階の商業フロアには飲食店や化粧品・衣類などの店舗が並び、上層階はオフィスフロアとなる。

展望施設(45~47階)の最上階は屋根がなく、夜空も楽しめる。入場料は2000円。関係者は「渋谷の夜間消費を創出する『ナイトタイムエコノミー』にも寄与できる」と期待する。2027年度には隣接する中央棟と西棟の低層2棟が開業する予定だ。

来月1日開業予定の複合ビル「渋谷スクランブルスクエア東棟」(中央)=24日午前、東京都渋谷区来月1日開業予定の複合ビル「渋谷スクランブルスクエア東棟」(中央)=24日午前、東京都渋谷区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

観光 時事通信ニュース 経営一般 東京 渋谷 都市再開発 渋谷駅 超高層ビル