菅原経産相進退論、与党内で浮上=自民幹部「続投難しい」

政治・外交

菅原一秀経済産業相の公設秘書が地元選挙区の通夜で香典を手渡したとされる疑惑をめぐり、与党内で菅原氏の進退論に発展するとの見方が浮上した。菅原氏は、日米貿易協定承認案が審議入りした24日の衆院本会議を欠席し、疑惑への説明をしていない。自民党幹部は「閣僚を続けるのは難しい」との認識を示した。

菅原氏は24日午後、経産省で記者団に「あす、国会で説明します」と述べ、25日の衆院経産委に出席する考えを示した。自民党執行部の一人は「まずは首相官邸がどう判断するかだ」とし、安倍晋三首相の対応を注視する考えを示した。公明党幹部は「法律違反だったら守り切れない」と批判した。

衆院本会議を欠席した菅原一秀経済産業相の議席(手前から2席目)=24日午後、国会内衆院本会議を欠席した菅原一秀経済産業相の議席(手前から2席目)=24日午後、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 政党 日本