日韓首相、徴用工問題は平行線=安倍氏、判決は「国際法違反」-文大統領から親書

政治・外交

安倍晋三首相は24日、韓国の李洛淵首相と首相官邸で約20分間会談した。安倍氏は元徴用工をめぐる韓国最高裁判決を「国際法違反」と指摘し、1965年の日韓請求権協定に従い韓国側で解決を図るよう要求。李氏は、諸懸案の早期決着を呼び掛ける文在寅大統領の親書を手渡した。安倍、李両氏は悪化した日韓関係を改善する必要性では一致したものの、具体的な歩み寄りはなかった。

安倍氏は徴用工判決について「国際法に明確に違反しており、日韓関係の法的基盤を根本から覆している」と批判。「国と国の約束を順守することで、日韓関係を健全な関係に戻すきっかけをつくってほしい」と求めた。

これに対し、李氏は「韓国も日韓基本条約と請求権協定を尊重、順守している。これからもそうする」と反論。その上で「今回も両国が知恵を集め、難関を克服できると信じている」と語った。

会談を前に韓国の李洛淵首相(左)と握手する安倍晋三首相=24日午前、首相官邸会談を前に韓国の李洛淵首相(左)と握手する安倍晋三首相=24日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 日本 韓国