白物家電、23年ぶり高水準=エアコン、洗濯機で駆け込み-上半期出荷額

経済・ビジネス

日本電機工業会が24日発表した2019年度上半期(4~9月)の白物家電の国内出荷額は、前年同期比5.5%増の1兆3801億円となり、上半期としては1996年以来、23年ぶりの高水準となった。10月の消費税増税前の駆け込み需要で、9月のエアコン、洗濯機の出荷額が前年同月比3割増となるなど全体をけん引した。

消費税増税前の駆け込み需要で売れ行きが好調だった白物家電のフロア=24日午後、東京都豊島区の家電量販店消費税増税前の駆け込み需要で売れ行きが好調だった白物家電のフロア=24日午後、東京都豊島区の家電量販店

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 統計 日本