「中東安定へ外交継続」=安倍首相、イラン副大統領に伝達

政治・外交

安倍晋三首相は24日、天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に参列した各国元首らとの「マラソン会談」を続行した。首相はイランのジョネイディ副大統領と東京・元赤坂の迎賓館で会い、中東情勢の安定化に向け「粘り強く外交努力を継続していく」と伝達。副大統領は「日本の外交努力を歓迎する」と述べた。日本政府が検討している自衛隊派遣は話題にならなかったという。

安倍晋三首相(左)を表敬するイランのジョネイディ副大統領=24日午後、東京・元赤坂の迎賓館(代表撮影)安倍晋三首相(左)を表敬するイランのジョネイディ副大統領=24日午後、東京・元赤坂の迎賓館(代表撮影)

アイルランドのオドノバン上院議長(左)と握手する安倍晋三首相=24日、首相官邸アイルランドのオドノバン上院議長(左)と握手する安倍晋三首相=24日、首相官邸

エチオピアのムラトゥ前大統領(右)と握手する安倍晋三首相=24日午後、東京・元赤坂の迎賓館(代表撮影)エチオピアのムラトゥ前大統領(右)と握手する安倍晋三首相=24日午後、東京・元赤坂の迎賓館(代表撮影)

アルメニアのサルキシャン大統領(左)と握手する安倍晋三首相=24日、首相官邸アルメニアのサルキシャン大統領(左)と握手する安倍晋三首相=24日、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 アイルランド イラン 日本