13年ぶりワクチン接種=岐阜など6県、豚コレラ対策

政治・外交

家畜伝染病「豚コレラ」が発生している岐阜など6県は25日、感染拡大防止のため、豚へのワクチン接種を開始した。国内では2006年4月に予防的な接種が中止されて以来、13年ぶり。ただ、すべての豚に即効性があるとは限らず、早期の完全終息につながるかは見通せない。

岐阜県では37施設の約5万2000頭が対象。25日は獣医師を含む122人が30班に分かれて各養豚場に向かい、1週間程度で初回の接種を終える見通しだ。

同県は豚コレラにより、発生前に12万頭弱いた豚の6割を失った。殺処分後、経営再開に向けて準備中の養豚農家は「ワクチンはお守りにはなる」と評価しつつ、「もっと早くやってほしかった」と国の対応の遅さを批判した。

愛知県は207施設の約24万頭が対象。豊田市など31自治体で順次行い、打ち終わるまでに1カ月を要する見込みだ。

岐阜と愛知のほか、三重、福井、石川、富山も25日から実施。豚コレラの発生リスクが高いとして、これら6県と同様にワクチン接種を推奨されている長野、群馬、滋賀、埼玉の4県は26日以降始める。静岡県でも手続きが整い次第、接種する予定。

豚コレラワクチン(岐阜県提供)豚コレラワクチン(岐阜県提供)

「豚コレラ」ワクチンの接種を開始し、報道陣の取材に応じる愛知県中央家畜保健衛生所の岡地啓之所長=25日午前、愛知県岡崎市「豚コレラ」ワクチンの接種を開始し、報道陣の取材に応じる愛知県中央家畜保健衛生所の岡地啓之所長=25日午前、愛知県岡崎市

豚コレラ対策としてワクチン接種を行う愛知県職員ら=25日、愛知県岡崎市(愛知県提供)豚コレラ対策としてワクチン接種を行う愛知県職員ら=25日、愛知県岡崎市(愛知県提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 農林水産政策