スバル、群馬製作所を再開=台風影響で16日から停止

経済・ビジネス

SUBARU(スバル)は25日、台風19号の影響で停止していた完成車工場の群馬製作所(群馬県太田市)での操業を再開したと発表した。部品調達先が浸水被害を受け、16日から停止していた。約1万台の四輪車生産に遅れが出ており、業績への影響を精査している。

スバルは従業員の安全確保のため、台風が上陸した12日に操業時間を短縮。14日から通常稼働に戻したが、16日午後に再び操業を停止していた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 群馬県