スルガ銀、ノジマが筆頭株主に=創業家が株式売却

経済・ビジネス

スルガ銀行は25日、同行の創業家が保有するスルガ銀株式のすべてを家電量販大手のノジマが約141億円で取得し、筆頭株主になると発表した。既に保有している分と合わせ、ノジマの議決権比率は18.52%となる。スルガ銀は投資用不動産向け融資の不正問題の温床となった創業家との関係を完全に断ち、再生を目指す。

ノジマは、スルガ銀創業家とファミリー企業が保有する株式(議決権比率で13.52%)を29日付で追加取得する。スルガ銀は創業家に対する融資についても、保有不動産の売却により今年度内に全額返済を受ける予定だ。スルガ銀と創業家は25日、融資の返済に関する合意を締結した。

スルガ銀とノジマは5月に業務提携で合意。ノジマの家電量販店事業などとスルガ銀の金融サービスを組み合わせて新たなサービスを生み出し、双方の事業成長を図る考えを示していた。ノジマが筆頭株主となることで、この連携を強化する。

スルガ銀は、融資不正をめぐり金融庁が昨年10月に出した業務停止命令などで、「創業家支配」による企業統治の不全を指摘されていた。創業家やファミリー企業に対する488億円の不透明な融資も判明しており、創業家と回収に向けた協議を続けていた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収