小泉氏、2.9億円でトップ=全て夫人分-新閣僚資産

政治・外交

政府は25日、第4次安倍再改造内閣の新任閣僚15人の資産を公開した。家族分を含む資産の平均は5107万円。1億円超は小泉進次郎環境相の2億9001万円のみで、全てが夫人の所有分だった。安倍晋三首相と留任、横滑りの4閣僚を加えた資産の平均は8272万円で、昨年10月発足の第4次安倍改造内閣より639万円少ない。

公開対象は内閣改造があった9月11日時点の新閣僚と配偶者、扶養する子の資産。25日に辞任した菅原一秀経済産業相を含む。小泉氏は本人分は不動産、金融資産ともゼロだが、8月に結婚したフリーアナウンサーの滝川クリステルさんが国債1億5000万円など金融資産を所有している。

2番目は加藤勝信厚生労働相の9113万円で、東京都内に約5000万円の不動産を持ち、株式12万7742株も保有。3番目は竹本直一科学技術担当相の8266万円だった。

西村明宏、岡田直樹両官房副長官と、新任副大臣23人の資産も開示された。平均は4123万円で、最多は寺田稔総務兼内閣府副大臣の2億8219万円だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 沖縄