発着時間、初の延長=機能強化第1弾-成田空港

政治・外交

成田空港は27日から、深夜の発着時間を従来の午後11時までから翌午前0時までに延長する。延長は1978年の開港以来初めて。3本目となるC滑走路新設やB滑走路延伸など空港機能強化の第1弾だ。

外国人観光客の増加を背景に、2020年東京五輪・パラリンピックを見据えて行う。24時間発着でき、国際線発着枠が増える羽田空港への対抗意識もにじむ。

発着時間延長に伴い、午後11時台の発着は週30回となる。午後10時以降は従来の週106回から126回に増える。ただ、午後10時以降に新規参入するのは貨物機の週1回の出発のみ。ほかは従来のダイヤから出発・到着の時刻を遅らせる形だ。

夜の成田空港を離陸する航空機(右上)=25日、千葉県成田市夜の成田空港を離陸する航空機(右上)=25日、千葉県成田市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 運輸政策