国宝・富岡製糸場も被害=22都府県163件、拡大懸念-台風19号で文化財

社会 暮らし

台風19号の影響で、国宝の「旧富岡製糸場」(群馬県富岡市)や特別史跡「彦根城跡」(滋賀県彦根市)などに被害が出たことが26日、文部科学省の集計で分かった。重要文化財(建造物)などの損傷は22都府県の163件に上り、文化庁は被害拡大を懸念している。

文科省によると、被害が明らかになったのは同日午前6時現在で、栃木県が34件と最も多く、岩手県と宮城県の各21件などが続く。内訳は国宝1件のほか、重要文化財の建造物32件、特別史跡6件など。

富岡製糸場は明治政府が設立し、2014年に世界文化遺産にも登録された。国宝の繰糸所にある窓ガラス1枚が破損した。

一部崩壊した特別史跡「彦根城跡」の石垣(滋賀県彦根市提供)一部崩壊した特別史跡「彦根城跡」の石垣(滋賀県彦根市提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 災害 暮らし 社会 東北 岩手県 宮城県 群馬県