多様な地域に誘客促進=観光政策の宣言採択-G20担当相会合

経済・ビジネス 政治・外交

北海道倶知安町で開かれていた20カ国・地域(G20)観光相会合は26日、観光の持続的な成長に関する宣言を採択し、閉幕した。宣言は、観光が経済に効果をもたらす一方、旅行者が増えると受け入れ側の観光地に課題が生じると指摘。地方創生と観光地の状況改善の両立に向け、「多様な地域への誘客を促進する」方針を明記した。

議長を務めた赤羽一嘉国土交通相は会合後に記者会見し、「世界各地で観光客と地域住民の双方に配慮したマネジメントが求められている。有意義な意見交換を行い、世界の観光政策の発展に向けた新たな一歩を踏み出せた」と述べた。

会合では、観光を生かした地域づくりや、旅行者の増加により交通渋滞など地域に悪影響を及ぼす「オーバーツーリズム」への対応などを議論。宣言には、観光発展に向けた技術革新の促進に各国が取り組むことや、災害時の観光客への情報提供などについて好事例を共有することなども盛り込んだ。

20カ国・地域(G20)観光相会合後の記者会見に臨む赤羽一嘉国土交通相=26日午後、北海道倶知安町20カ国・地域(G20)観光相会合後の記者会見に臨む赤羽一嘉国土交通相=26日午後、北海道倶知安町

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済国際会議 観光 観光政策 北海道 韓国