旭日旗、韓国語でも説明=「軍国主義」批判に対抗-外務省HP

政治・外交

外務省は、旭日旗に関する同省ホームページ(HP)の説明資料について、現在の日本語版と英語版に加え、新たに韓国語版を作成する。旭日旗を「日本軍国主義の象徴」と批判し、使用しないよう訴える韓国に対抗するのが狙いだ。

HPは旭日旗の意匠について、漁船が掲げる「大漁旗」などを例示しつつ、「日本国内で長い間、広く使用されている」と説明。海上自衛隊の「自衛艦旗」や陸上自衛隊の「連隊旗」についても、同様に「国際社会で広く受け入れられている」と主張している。

韓国では旧日本軍の軍旗として用いられた旭日旗への反発が根強い。昨年の国際観艦式では自衛艦への掲揚自粛を要求。来年の東京五輪・パラリンピックの会場などでの使用禁止も訴えている。

これに対し、外務省は「旭日旗の掲示が政治的宣伝になるとは考えていない」(茂木敏充外相)と反論。こうした主張を国際社会に広めるため、フランス語やスペイン語などでの情報発信も今後検討する方針だ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 韓国