ビニール傘の消費抑制に商機=持ち歩きできる商品拡充、シェアリングの動きも

経済・ビジネス

年間1億3000万本の雨傘が消費される世界最大の傘消費国日本。このうち約8000万本を占めるビニール傘は、二酸化炭素の排出量で試算した環境負荷が1本当たりストロー200~300本に相当するとされる。メーカーやベンチャー企業は、大量消費の歯止めがビジネスチャンスになるとみて、新たな取り組みを始めている。

傘ブランド「ウォーターフロント」を手掛けるシューズセレクション(東京)は、2017年にビニール傘の減産に踏み切った。19年の生産量は17年比で68%減となる4万ダースにとどめ、減産分を穴埋めするため、折り畳み傘など持ち歩きやすい傘の品ぞろえを充実させている。

東京・自由が丘の直営店では、100グラムを切る超軽量の折り畳み傘など約1500種類を販売。「まずは傘を持ち歩く習慣を広めたい」(坂口淳一取締役)と、デザインに凝った商品などの拡充を進めている。

東京・渋谷などで注目され始めているのは、傘のシェアリングサービス「アイカサ」。傘をQRコードで管理しており、返却率は100%という。東京都内に350カ所(8月末時点)の貸し出し拠点を確保。通話アプリ「LINE(ライン)」でクレジットカードを登録し、スマホ決済で利用できる。1日70円でどこでも何回でも借りることが可能で、420円を支払えば1カ月使い放題という仕組みだ。

18年12月に「アイカサ」の運営を始めたベンチャー企業は「コンビニや駅に設置すればビニール傘を買う機会そのものを減らせる」とし、20年夏までに拠点数1000カ所への拡大を目指す。

稼働率を高めるため、効率的な傘の在庫本数や日傘の投入も検討。黒須健取締役は「シェア傘の利用率はまだ伸びしろがある」と期待している。

約1500種類の傘を取りそろえるシューズセレクション直営の「ウォーターフロント 自由が丘」=8月、東京都目黒区約1500種類の傘を取りそろえるシューズセレクション直営の「ウォーターフロント 自由が丘」=8月、東京都目黒区

渋谷駅近くのカフェにある傘のシェアリングサービス「アイカサ」設置スポット=8月、東京都渋谷区渋谷駅近くのカフェにある傘のシェアリングサービス「アイカサ」設置スポット=8月、東京都渋谷区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 環境・リサイクル ベンチャー 東京都