浸水の基幹病院、一部再開=本格復旧は11月末-宮城・丸森町

社会 暮らし

台風19号による浸水で休診していた宮城県丸森町の丸森病院が28日、約半月ぶりに診療を再開した。当面は問診や薬の処方のみを行い、本格復旧は11月末になる見通し。

丸森病院は、外来患者が1日当たり約200人訪れていた町の基幹病院。台風19号で床上18センチの浸水被害を受け、入院患者56人を17日までに町外の病院などに移送した。レントゲンや磁気共鳴画像装置(MRI)など精密検査機器が使えなくなり、断水も続いている。

約半月ぶりに一部診療を再開した丸森病院。台風19号による浸水で休診が続いていた=28日午前、宮城県丸森町約半月ぶりに一部診療を再開した丸森病院。台風19号による浸水で休診が続いていた=28日午前、宮城県丸森町

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 災害 暮らし 社会 健康・医療 東北 宮城県