女優の八千草薫さん死去=88歳、「岸辺のアルバム」などで好演

社会 文化

清楚(せいそ)な女性を演じ、戦後の復興期から舞台や映画、ドラマで活躍した女優の八千草薫(やちぐさ・かおる、本名谷口瞳=たにぐち・ひとみ)さんが24日午前7時45分、膵臓(すいぞう)がんのため東京都内の病院で死去した。88歳だった。大阪市出身。葬儀は近親者で済ませた。

1947年宝塚歌劇団に入団。在団中の51年に映画デビューし、「宮本武蔵」のお通役で一躍スターに。ローマで撮影された日本とイタリア合作のオペラ映画「蝶々夫人」ではヒロインの蝶々さんを演じて国際的にも高く評価された。

57年に宝塚を退団し、前年に出演した映画「乱菊物語」の谷口千吉監督と結婚した。「理想のお母さん」のイメージでテレビドラマにも進出。77年のドラマ「岸辺のアルバム」では、年下の男性と不倫する主婦を演じて新境地を開いた。

年齢を重ねても優しさをたたえた美しさを保ち、舞台では「二十四の瞳」の大石先生、「細雪」の幸子、「華岡青洲の妻」の加恵など、女性の芯の強さをにじませる役どころを好演した。

80歳を超えても映画「くじけないで」「ゆずり葉の頃」に主演。老人ホームを舞台にした2017年のドラマ「やすらぎの郷」ではマドンナ的存在の往年の大スターを演じた。

昨年、膵臓がんの手術を受け、復帰後はドラマや舞台にも取り組んだが、今年2月、肝臓にがんが見つかり、出演予定だったドラマを降板していた。

登山好きで、環境庁の自然環境保全審議会委員などを務めた。97年紫綬褒章、03年旭日小綬章。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 芸能 文化 社会 訃報 大阪市