車両損失、最大118億円=水没の北陸新幹線-JR東日本

経済・ビジネス

JR東日本は28日、台風19号による浸水被害を受けた北陸新幹線の車両の帳簿価格が9月末時点で118億円だと発表した。水没した10編成120両のうち、JR東が保有する8編成96両が廃車処分になれば、最大でこの額がすべて損失計上されることになる。

台風19号に伴う運休などによる減収影響については10月だけで120億円を見込む。ただ、具体的な全体の被害額が確定していないとして、2020年3月期の業績見通しは変えていない。

一方、被害を受けた北陸新幹線の残る2編成を保有するJR西日本は車両の帳簿価格30億円について特別損失を計上する。台風19号に伴う減収影響は、JR西が29億円、JR東海が30億円と見込んだ。

JR東の赤石良治常務は「甚大な影響があり、費用算定が十分できていない」と語った。橋や土砂が流入した線路も被害を受けており、全体の被害額が判明する時期は不明とした。

北陸新幹線の製造費用は1両当たり約3億円。車両の帳簿価格は取得価格から減価償却の累計額を差し引いて算定した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 情報開示 その他企業(事業継続BCP・リスク管理)