米軍、嘉手納でパラシュート訓練=要請無視、河野防衛相「同盟に影響」

政治・外交

米軍は29日午後6時40分から、沖縄県の嘉手納基地(嘉手納町など)でパラシュート降下訓練を行った。嘉手納での実施は今年に入り4回目。パラシュート降下訓練は原則、伊江島補助飛行場(同県伊江村)で実施することが1996年の日米合意で確認されており、29日も河野太郎防衛相が「合意違反だ」と中止を申し入れたばかり。米側は要請を無視して訓練を強行した形だ。

河野氏は同日夜、防衛省で記者団に、米側から訓練実施について十分な説明がないとし、「(日米)同盟に影響を与えかねない、大変遺憾な出来事だ」と述べた。「沖縄の皆さまに大変申し訳なく思っている」とも語り、エスパー米国防長官に協議を求める意向を示した。

沖縄県の嘉手納基地で米軍が行ったパラシュート降下訓練についてコメントする河野太郎防衛相=29日午後、防衛省沖縄県の嘉手納基地で米軍が行ったパラシュート降下訓練についてコメントする河野太郎防衛相=29日午後、防衛省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 外交 沖縄 米国